タイムレコーダーの概要と役割

タイムレコーダーは、事業所で働いている労働者の勤怠管理の目的の為に活躍している機械であります。ほとんどの事業所でタイムレコーダーを使用していて、タイムレコーダーに記録された勤務時間によって給与を換算しているケースが多いです。特にアルバイトの勤怠管理の使用するツールとして欠かせない機械であります。アルバイトの給与は時給制を採用している事業所が多くて、主に会社の経理の担当がアルバイトで労働している人のタイムレコーダーに記録された勤務時間を計算した後、月当たりの給与が支払われる事になります。使い方としましては、労働者が出勤する際に専用のタイムカードを機械に差した後に仕事に取り掛かります。仕事の休憩時間にタイムカードを差して、休憩時間が終わって仕事に取り掛かる時に再びタイムカードを差す事業所もあります。

仕事の休憩の時間に関しては、多くの事業所で給与の対象外となるケースが多くて、仕事の休憩時間に関して、給与の計算を分かりやすく目的で休憩の時間を判別するために、タイムカードを差すように指示する事業所が多い事です。ただし、休憩時間が給与に含まれている事業所は、原則的に休憩時間にタイムカードを差すケースはない事が多いです。タイムレコーダーは、機器の専門店やインターネットの通販サイト等で入手する事ができます。価格は安いもので2万円前後であり、高価なものは10万円程度になります。別売りとして、数百枚で数千円程度のタイムカードを販売している所があります。安いものではタイムカードを使用する事になりますが、高価なものではタイムカードを使用しないで勤怠管理用のカードを用います。勤怠管理用のカードは、タイムレコーダーに勤怠管理用のカードを通すことによって、勤務時間を自動的に記録します。メリットとしましては、カードで勤務時間を管理できるので、タイムカードをわざわざ購入しないで、事業所が勤怠用のカードで通した記録によって労働者の勤怠を管理できる事であります。労働者の側も勤怠用のカードで出勤や退勤ができるので便利であります。

また、ノートパソコンとタイムレコーダーを連携する事ができまして、労働者の勤務時間などの勤怠が記録されたデータをノートパソコンに表示する事もできます。勤務時間をノートパソコンに管理したいという人にお勧めでありまして、ノートパソコンの表計算用のソフトに詳細に勤怠などを表示する事も可能であります。