メーカー以外のトナーを利用

プリンターを利用するときにはプリンターのトナーが消耗品として必要になります。メーカーの純正品を購入する事が説明書に書いてありますが、消耗品をメーカー純正品を利用するのはコストが高くなるのです。近年はオフィスのコスト削減が求められており、プリンターはコスト削減の的になります。そのため、純正品でなくてもトナーは純分利用することができるので、費用を抑えるのであれば、純正品以外の物を購入する事をお勧めします。交換については純正品と全く同じです。また、再利用できるのも同じです。宅急便などで送付して、送り返された再生品を使用します。レーザーのプリンターは消耗品をいかに安く利用するかが、コスト削減につながるのです。メーカー以外の純正品、再利用製品を利用することでオフィスのコスト削減につながるのです。それが簡単に出来るのがレーザープリンターのトナーなのです。

プリンタートナーの回収と再利用

オフィスにおいてコスト削減は重要事項なのです。日々の消耗品についても購入先、メーカーを変えることでコストが削減できるのです。レーザープリンターについても同様なのです。レーザープリンターの消耗品は、プリンターのトナー、ドラムユニットなのです。これはメーカーの純正品の物以外でも利用できますし、空になったトナー、ドラムユニットでも中を入れてもらえば再利用できるのです。そのまま捨ててしまうと産業廃棄物になるのですが、再利用する事で循環サイクルが確立してエコにもつながるのです。ある程度貯まったからのドラムユニットなどを宅急便として送付するか、専用の回収箱で連絡して取りに来てもらう方法があります。再生させる、トナーカートリッジの回収には条件があったりしますので注意が必要ですが、再生品を利用する事でエコにもつながりますし、コストダウンにもつながります。

リサイクルトナーを購入する時は型番を確認する

とても魅力的なリサイクルトナーを見つける事ができても、型番が一致していないと設置する事ができずに、正しく使用する事ができない場合があります。ですので購入時には必ず型番を確認するようにしていただきたいです。もし型番が分からない場合には、プリンターに詳しい方に確認してもらった方がいいです。もしくはお店に問い合わせる事によって、何かしらのアドバイスをしてくれる場合もあるので、積極的に問い合わせていただきたいです。プリンターによって、トナーの位置も若干違っていますし、形なども異なっているので型番を知るようにして下さい。リサイクルトナーを購入する時に対応しているプリンタ機種が紹介されているので、自分達が使用しているプリンターかどうか確認するも必要です。これによって、間違って購入するのを防ぐ事ができます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*